アーカイブ

2019 年 2 月 のアーカイブ

ふらっと特許~AI搭載内視鏡画像診断支援ソフトウェア~

またまたご無沙汰しておりました。

私事ですが、つい先日37歳の誕生日を迎えました。
昨年はアキレス腱の断裂というなんともお粗末な出来事もあり、年齢を感じるとともに体に気を付けないとな…と思いながらニュースを読んでいると2月25日に発表されたAIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェアの発売というニュースが目に止まりました。

 

オリンパスのニュースリリースによると、ソフトウェアは「EndoBRAIN」と名称で、内視鏡分野のAI技術では国内初の薬事承認取得のようです。
●主な特長
①約60,000枚の内視鏡画像を学習させたAIによって撮影された大腸内視鏡画像を解析し、数値化された診断結果を表示することで、専門医に匹敵する診断精度を実現する。
②内視鏡検査における観察モードを狭帯域光観察(Narrow Band Imaging=NBI)と染色観察の2種類を搭載した。
以上の2点が特長として挙げられています。
https://www.olympus.co.jp/news/2019/contents/nr01157/nr01157_00002.pdf

研究開発は昭和大学横浜市北部病院、名古屋大学大学院、サイバネットシステム株式会社によるものと掲載されていますので、特長の部分について特許を調べてみました。

 

 

特許第6059271号
【発明の名称】画像処理装置及び画像処理方法
【特許権者】サイバネットシステム株式会社、学校法人昭和大学

【請求項5】
画像処理装置が、内視鏡を介して光を照射した消化管の粘膜の細胞を拡大撮像して得られた内視鏡画像に含まれる細胞核を抽出し、抽出したすべての細胞核について、細胞核の特徴を計測する手順と、
画像処理装置が、前記内視鏡画像の全体の濃淡について、テクスチャ解析を行う手順と、
画像処理装置が、前記細胞核の特徴及び前記テクスチャ解析の結果を用いて、非腫瘍、腺腫、癌及びSSA/P(sessile serrated adenoma/polyp)のいずれであるのかの識別を行い、非腫瘍、腺腫、癌及びSSA/Pのうちのいずれかを診断結果として出力する手順と、
を行う画像処理方法。
【請求項8】
前記内視鏡画像は、染色された細胞を拡大撮像して得られた画像である、
請求項5から7のいずれかに記載の画像処理方法。

 

権利範囲では、上記の部分が最も関連すると思います。

 

登録前の公開段階では「病理診断に対応した分類を行う」と広い権利範囲を主張していた部分を「非腫瘍、腺腫、癌及びSSA/Pのうちのいずれかであるかの識別」する範囲を限定したことで進歩性が認められて登録になっていると思われます。

 

報道にある「AI(人工知能)」の文言は記載されていませんが、実施例中の具体的な診断方法として、病理診断に対応した分類(非腫瘍、腺腫、癌及びSSA/P)のそれぞれについて、学習用サンプルとなるデータを画像処理装置に与え、解析された内視鏡画像の状態を診断する方法が記載されています。

 

発明の効果でも、「専門的な知識と経験を有する者でなくとも、非腫瘍、腺腫、癌及びSSA/Pのうちのいずれであるのかを判断可能にすることができる。また、腺腫・癌の診断についても既存の診断支援システムに比べ高い精度で診断が可能となる。」となっており、昨日のニュースの内容に最も近い特許公報ではないかと思われます。

 

ご興味がある方は是非特許公報も読んでみてください。

 

 

体に気を付けつつもなってしまった場合に頼るのは医療ですので、このような発明から多くの早期発見に繋がっていくといいと思います。

 

弊社HP

http://www.plug-in-solutions.com/

 

出来るだけ更新致しますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

よろしければぽちっとお願いします。
このリンクから知財関連のブログの検索も可能です。

カテゴリー: 特許, 特許情報