ホーム > 特許, 特許分析 > 1ー4 耐震・免震技術の技術分析

1ー4 耐震・免震技術の技術分析

前回までは、1990年から2009年までの出願件数による動向を分析しました。

 
今回からは、分析母集団に含まれる技術内容について分析していきます。
この分析によって、分析期間中の注目技術及び出願人ごとの注力技術を把握したいと思います。
 
それではまず、特許公報の最も上位に付与されているFIを出願件数ごとに見ていきます。
FIとは、1件1件の特許ごとに複数付与される日本特許庁独自の技術分類です。
ここでは、複数付与されているFIのうち最も上位に付与されたFIを使用します。
特許公報フロントページのサンプルを参照してください。

それでは、まず1990年から2009年までの期間における出願件数の多い上位30のFIごとの年次の出願件数をグラフ化すると以下のようになります。
 
 
 
次に、主要FIの技術内容を表で表します。
「耐or免」の欄は、分類が付与されている公報の技術内容として耐震技術、免震技術のいずれについての記載があるかを表します。
ただし、必ずどちらかというわけではないので参考程度と考えてください。
 
 
グラフでは、X軸に出願年、Y軸(1~30)にFIを配置しています。
FI(1)E04G23/02 D、(8)E04G23/02 Fや(12)E04G23/02 Eという分類は、20年間で多くの出願がありますが、1995年以降から出願が現れています。
この分類は、既存の建築物に新たな部材を付加して強度を向上させる耐震技術について多く付与されています。
阪神淡路大震災によって建築物の強度を高めたいが、全ての建築物を解体して建て直すわけにはいかず、既存の建築物の強度を上げるニーズの増加によるものと思われます。
 
一方、免震技術では、(3)(9)(10)(13)(20)などのE04H9/02 331が付与されている「免震支承手段を設けた」技術と、(4)(6)(11)(15)(16)(25)(27)(29)などのE04B1/36が付与されている「移動を許容する支承または類似の支持体」を有する技術とが多く見られます。
これらの免震技術は、「ゴムなどの積層体」、「ダンパー」、「球状と受け皿状の支承手段」、「車輪状とレール状の支承手段」などを用いて建築物の揺れを抑制する技術です。
 
以上から、既存の建築物の耐震強化新築や建て直しのための免震技術が20年間において多く出願されていると考えられます。
 
 
次に、主要出願人のFIごとの出願件数をグラフ化します。
 
 
このグラフからは、出願人ごとの得意な技術分野について考察してみたいと思います。
 
まず、20年間で出願件数の多い上位5出願人(清水建設竹中工務店鹿島建設大成建設大林組)は、似たような出願傾向が見られます。
補修などの耐震技術についての出願、及び、積層体(積層ゴム含)による免震技術についての出願が多くみられます。
(3)E04H9/02 331 Zに分類される浮体用防振水槽の技術(http://www.shimz.co.jp/theme/sit/technology_01.html)などもあります。
しかし、それら以外の免震についての出願はあまり見られません。
 
上位5出願人の出願について、目立つ出願分類は、鹿島建設の(17)E04H9/02 311でしょうか。
この分類は、建築物のブレースによる補強で耐震構造に含まれる分野です。
 
出願件数が6番目に多いオイレス工業は、免震構造にかなり偏っています。
ほとんど耐震関連の出願は見られません。
オイレス工業の出願群は、免震構造の中でも「滑りによるもの」という分類に多くの出願があり、具体的技術内容が気になるところです。
 
ブリヂストンは、ゴム関連の免震技術についての出願がメインとなっていると考えられます。
 
その他、気になるところは、大和ハウス工業の(3)(4)、フジクラの(4)、カヤバ工業の(4)(10)、旭化成ホームズの(11)といったところでしょうか。
 
ここに挙げた出願人の具体的な技術については、後ほど触れていくことにします。
 
以上のことから、出願件数の多い上位5出願人(最大手ゼネコン5社)は似通った出願傾向を示している。
その他の出願人は、ある程度それぞれの得意とする技術分野について集中的に出願を行っていると言えるかと思います。
このことから大手5社以外の出願人は、技術的にある程度の住み分けができているように思われます。
 
今回は、ここまでにします。
 
次回からは、実際に特許公報の中を読み、さらに具体的な技術の内容について掘り下げていきたいと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。
カテゴリー: 特許, 特許分析

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。